VGN-T51B SSD 11n無線LANモジュール換装

前回のHDD換装の日記からだいぶ経ちましたが、
http://yochixx.cocolog-nifty.com/kiroku/2007/11/vaiotvgnt51blva_db18.html
http://yochixx.cocolog-nifty.com/kiroku/2007/12/vaiotvgnt51blva_317e.html

今回は内蔵HDDのSSD化と内蔵無線LANを11nに換装したいと思います。

まずは事前確認
VAIO T シリーズの VGN-T51B/L
HDDは1.8インチIDE接続の50ピンタイプです。やや特殊な規格ですよね
無線LANはmini PCI TypeIIIBでIEEE802.11b/gが内蔵されています。

HDDと入れ替えるSSDは捜すのに苦労するかと思いましたが
ちゃんと同規格のSSDが発売されていました。
今回使用したのがコレです

PhotoFast G-Monster GM18M32E50IDEV4

なかなか高速なSSDで期待が持てます。

そして11a/b/g/n対応のカードがありました

玄人志向 キワモノシリーズ 802.11ND-MPCI

ただネット検索してもVGN-T51Bに取り付けて動作した報告がないので
若干不安ですが・・・

早速取付です。

まずは前回のHDD換装の時と同様に裏面のネジから外していき
キーボード、フロントパネル類を取り外してHDDと無線基盤が見える状態にします。
(分解のしかたは前回の日記を参考にしてください。当然ですが自己責任です)
この時、キーボードのフラットケーブルだけが押さえで固定されていて
他のLED、タッチパッド類は引き抜くだけです。同様に戻すときもキーボード以外は
押し込むだけです。

R0011459

まずはHDDの換装から
取り付けされているネジ2本を外して本体基盤に接続されているフラットケーブルを
外します。ネジはHDD取付フレームの左側、クッションとテープの下に固定されています。

左が前回換装したHDDで右が今回接続するSSDです
R0011460
旧HDDに接続されているケーブル、クッション類を取り外してSSDに移植します。
衝撃に強いSSDでも固定具がないと中でガタついていまいますので・・・

R0011461R0011462
次に無線LANのモジュールを取り外します。
まずはモジュールに取り付けられているアンテナ線を2本外します。
爪で引っかかっていますが、真上に引き上げれば外れます
外したアンテナケーブルはそのまま再利用します
モジュールはノート用メモリーのように両端で固定されていますので外してから
引き抜きます。
R0011463
左が11n対応の無線LANモジュール右が本体に付属していた旧モジュールです。
R0011464
取り外したスペースに新しいモジュールをセットして取り外したアンテナ線を再度
取り付けます。新しいモジュールには3カ所アンテナ接続コネクタがありますが、
両サイドのアンテナ接続コネクタにしっかりと取り付けます。

無線モジュールを取り付けた状態です(アンテナ線未接続)
R0011465
次に取付パーツを移植したSSDを取り付けます。
R0011466
最後に元に戻してからOSのリカバリを開始します。
今回は容量が少ないのでリカバリ領域の復元はしません。
OSインストール後起動すると新しい無線LANモジュールのドライバ
インストール画面が出ますが、キャンセルしておきます。
別のPCでダウンロードしておいた無線LAN用のドライバをインストールして再起動!!

無線アクセスポイントへの11n接続も問題なし、起動もvaioロゴが出てから
数秒でWinsowsの起動が完了と爆速ノートに変身しました。

この動作スピードでしたらネットにメール、簡単なワープロ表計算も
問題ないでしょう。

カードバス接続の無線LANカードの出っ張りもスッキリとたし
HDDの駆動音もありません。

満足度大の換装作業でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【物欲】組み立て開始④~ヒートシンクの取り付けと動作テスト~

取り付けベースの加工も終わったところで
クーラーの取り付けをする

まずは熱伝導グリスをCPUとクーラーに塗布する
Dsc00673_2 Dsc00672
Dsc00674




そんでもって取り付け
Dsc00675 Dsc00676



CPUFANがブールーLEDで光るが、ケースを閉じてしまうので
関係ない。

そして起動テスト・・・ファンコンつけてないので全開!!
うるさいです

とりあえず起動してCPU-Zで確認するもデフォの3GHz出ずに
2Ghz止まり。

友達に効いたらどうやらBIOSの省電力系の設定を
切らないと駄目らしい

設定を変更して無事定格稼働を確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【物欲】組み立て開始③~QX9650の取り付けとヒートシンク加工~

OSの入れ替えが済んだので、メインCPUのQX9650と
ZALMZNのCPUFANに換装する

Intel QX9650(3.0G) BOXDsc00645
Dsc00648 Dsc00650







他のCPUと違い巨大なリテールクーラーが
付属します。スピード可変スイッチ付き。
それだけ発熱が多いと言うことでしょう。
使ってみたい気もしますが、今回は別に
クーラーを補用意したのでパス。

ZALMAN CNPS9700LED
Dsc00655







まずは取り付け済みのCeleron420とリテールファンを外して
QX9650を取り付けます。
Dsc00651 Dsc00653




続いてCPUクーラーの取り付け
マザーボードの背面は冷却用のクレイジークール
(冷却ヒートシンク)が取り付けてあります。
このクーラーを取り付けるにはマザーボード背面に
固定用のパーツを取り付けないといけないのですが・・・
Dsc00656Dsc00657 



Dsc00658Dsc00659



ネジがとどきません(当たり前)

でこれだけ厚みがあると当然・・・
Dsc00660



ケース取り付け用のネジの高さも足らない。
ってーか最近はこんなパーツ使わないのね(^^;
Dsc00662



で、考えた!!
Dsc00661



ネジ2段にすればイイじゃん!!
(俺あったまいー)

んでネジの長さが足りないので長いの買ってこないと~♪
Dsc00663



とか計ってたら・・・


Dsc00664



当然パネル位置とずれるよね(アホ)
正規の位置より5mm高くなる

仕方がないのでクレイジークールを外すことにorz

表面から5カ所でネジ止めされているのを外すが、
またしても問題発生

NorthBrideのヒートシンク固定ネジとかぶってる
Dsc00665




このままではチップセットが冷えない(ヒエーなんて)



で、
Dsc00668



切っちゃいましたw

Dsc00666 Dsc00667




早速取り付け
Dsc00669 Dsc00670 Dsc00671





いい感じで取り付け完了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【物欲】組み立て開始②~RAID構成とXPインストール~

今日はOS・アプリケーション用のRAIDを組んで
WindowsXPのインストールまでを実施した

まずはBIOSのgigabyteシリアルATAポートを有効にして
次にポートの構成をRAIDに設定して再起動。

上手く設定ができていればBIOSロード時に
RAIDのインフォメーション画面が表示される
この時点ではまだドライブをつないでいないので表示されない。

OS・アプリケーション用に使用するのは
WesternDigitalのRaptor WD360ADFD 36G(10000prm 16M)
を2台RAID0(Striping mode)で構成する。
一台でも十分早いがRAID0でさらに高速になる・・・予定

とりあえずgigaのS-ATAポート(紫)に接続してハードディスクに
それぞれA Bのマークをつける。
 組み立ての時にわからなくなると困ってしまうから。
Dsc00873 Dsc00874




RAIDドライバの最新版がないかGigabyteのHPを物色するが
見あたらないのでCDからFDDにコピーしておく
 -場所は

BIOSを立ち上げてGIGAのS-ATA設定になるとちゃんと2台
HDDを認識している。
 Ctrl+Gで設定画面に入りRAID0で新規ドライブを構成して
CDドライブにXPのCDを入れて再起動

インストールが始まるのですぐにF6キーを押してRAID用の
ドライバを読むように指示を出す。

RAIDドライバを読ませる画面になるのでFDをセットして
Sキーを押す。ドライバリストが表示されるので一番上の
XP用ドライバを読み込ませる・・・・が

ここでトラブル発生、エラーメッセージの表示だ

XP: jraid.sys がおかしいぜ

ん~なんだろ??エラーを起こしている先はXPのCDの場所だ。
SP2なのでドライバがないってのは考えにくい。
ぐぐってみたが、インストール時のトラブル事例は思ったほどない。

・・・が、CDを取り出して入れ直したら直った。
単純にReadErrorだったのかな?

とりあえず進んだので良しとしよう。

無事HDも70Gを認識してインストール開始

・・・
・・・

無事終了して再起動

BIOS:システムがないで~

あれ?設定を再度確認
BIOSでRAIDを起動ドライブに設定するのを忘れてました。
設定を変更して起動

今度はうまくいきました。

しかしキモチワルイくらい起動が速いです。
BIOSは読み込みが多いので若干時間を要しますが
XPロゴが出てから起動完了まで10秒かかりません。
しかもCPUが本命のQX9650ではなくCeleron420(爆)のままです。

後が楽しみになってきました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【物欲】組み立て開始①~基礎パーツの組み込みとメモリーテスト

とりあえず組み立てを開始
まずは定番の最小構成による起動テスト
M/B CPU メモリー 電源で
・・・OK
Dsc00870




続いてCDドライブを接続して
Memtest86でメモリーのテストを17時間実施
・・・OK
買ったのが割高なOCメモリー、しかもメーカーで相性テスト済みを
購入したのでエラーがあっても困る
Dsc00869




続いてBIOSの更新
購入したボードのバージョンはF!
QX9650を使うにはF2が必要なためメーカーページから
ダウンロード。
 最近のBIOSはサイズがでかいと聞いたが、FDDに収まるサイズなので
一安心。
ボードに付属のUPツールで更新をかける

再起動してバージョンが無事F2になっているのを確認して
とりあえず終了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【物欲】組み立て前のパーツ整理②

*メモリー
 CFD FIRESTIX DDR2 1088MHz
 DUAL CHANNEL KIT X2
 Dsc00836




*ビデオカード
 SAPPHIRE RADEON HD 3650 512MB X2
Dsc00837  



*5インチベイ用ベゼル
 LIAN-LI 5インチベイアルミニウムベゼル X2
Dsc00838



*3.5インチハードディスククーラー
 ainex HDC-350A X2
Dsc00839



*DVDマルチドライブ
 PioneerDVR-A15J-BK
Dsc00840



*DVDマルチドライブ
 BUFFALO DVSM-X1218FB
Dsc00841



*HDDケース
 Lian-Li AlminiumExpansionKit
Dsc00842 Dsc00843




*FDDドライブ
 MITSUMI D353(B)
Dsc00844







*OS アプリケーション用HDD
 WesternDigital Raptar WD360ADFD X2
Dsc00845







*ケースファン8センチ12センチ
 S FLEX SFF21D X4
 ainex CSV-80S
Dsc00846 Dsc00862







*RAIDケース
 RiteUp レイド同盟3
Dsc00847




*MainCPU
Intel Core2 Extreme QX9650(3Ghz)
Dsc00848




*Raidカード
 HighPoint RocketRAID2300
Dsc00849




*ファンコントローラ
 ZALMAN ZM-MFC2
Dsc00850




*マザーボード
GIGABYTE GA-EX38-DQ6
Dsc00851







*データ用ハードディスク
 HGST P7K500 500G X4
Dsc00852




*BIOSアップ用CPU
 Intel Celeron 420
Dsc00853







*CPUクーラー
 ZALMAN CNPS9700 LED
Dsc00854







*電源1
 Tukumo SilentBlack 530W
Dsc00855




*電源2
 Tukumo TOP-530W 12R
Dsc00859




*ケース
 Lina-Li PC-343B
Dsc00856




*防振シート ファンガード
 Dsc00860





*3.5インチベイ変換アダプタ カードリーダ
Dsc00861  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【物欲】組み立て前のパーツ整理①

メインパーツ
- M/B  Gigabyte GA-EX38-DQ6
- CPU  Intel Cor2 Extreme QX9650
- Case Lian-li PC-343B

集合写真
Dsc00831








Dsc00829 Dsc00834





 

Dsc00833_2 Dsc00835_3






| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧システムのベンチスコア

3DMark

3dmarkscore






CPU-Z
Cpuz




HD-BENCH
Hdbench

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現行システムの再確認

新システム入れ替え前に現行システムを
記録しておくことにする

ケース chenbro SR10303
前面       左右ドアオープン
Dsc00816 Dsc00820







フロントベイ構成
3.5FDドライブ      DVDマルチドライブ(DVR-112L)
マルチカードリーダ  DVDマルチドライブ(DVR-111D)
              RAID同盟
             USBリムーバブルフレーム(U2-MDK1)
             USBリムーバブルフレーム(U2-MDK1)
             ARAID99 1000L-A
背面
Dsc00819






電源
KEIAN AD550AS SLI
SRP-TOP520P4

左サイド
Dsc00815 Dsc00814




VGA冷却用に12センチファンをサイドから
取り付け(結構うるさい)

マザーボード
 Asustek P5K-E Premium
CPU
 PentiumD 940(3.2G)
Memory
  Samsung DDR2(PC2-5300) 333 2048
FAN
 ZALMAN CNPS9500 LED
拡張カード
 PCIE x8 canopus 6600P
  PCIE x8 canopus 6600P
 PCIE x1 玄人志向 IDEカード
 PCIE X1 玄人志向 RAIDカード
 PCI canopus MTV2000
 PCI canopus DV-StormXA

右サイド
こちらも12センチのファンで空気を循環
フロントベイとシャドウベイ、デュアル電源で
意外とスペースが少ない。
 結果ケーブルスパゲティ状態にorz
Dsc00817 Dsc00818

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VAIOモデルTのハードディスクとメモリーの換装(VGN-T51B/L)vaio-t②

VAIOモデルTのハードディスクとメモリーの
換装(VGN-T51B/L)vaio-t②
・・・つづき

パームレストのタッチパッドに接続されているフィルム
ケーブルとネジを外しカバーを取り外します。
Dsc00459 Dsc00457




 

パームレストカバーが外れた状態です。
Dsc00455




 

パームレスト下の金属カバーを外すとハードディスクが露出します。
Dsc00456



作業がしやすい様に初めに基盤とハードディスクをつなぐ
フラットケーブルを外しておきます。
Dsc00452_2 Dsc00451




 

そしてネジを外してハードディスクを取り外します。
隠しネジに注意です。
Dsc00453 Dsc00447







 

取り外したハードディスクです。
四隅の固定ゴムをなくさない様に取っておきましょう
Dsc00450 Dsc00449






そして慎重にハードディスクからフィルムを外します。
Dsc00448

| | コメント (2) | トラックバック (0)